2013年7月27日土曜日

マイチェンは続く

家と自転車の共通点、それは細々としたパーツを取っ替え引っ替えして日常の中で楽しめる※1こと。
取り替えのきかない大物は別にして、小物は日常の中で気軽にちまちまと取り替えてはすぐにその効果を味わえるのが楽しい。床や壁や天井といった大物はそうおいそれと取り替える事は出来ないが、スイッチやコンセント、照明や家具什器類とか、手摺りもそうだな、気軽に取っ替え引っ替えできる小物は幾らでもある。そういう意味で言えば自転車などフレーム以外全てのパーツが小物のようなもので、また小物であれば金額もリスクもたかが知れているというところも安心。

という事で、要するに我が家でもまた小物を変えてみたという話。
入居後まもなくpuntoに交換したコンセントとスイッチのプレート。そのコンセントのプレートを、今度はaizaraに付け替えてみる。


おお、これは超渋いな。気に入った。
ではスイッチプレートもaizaraで揃える?
いやいや、スイッチは是非ともこれにしてみたい。

ゾルボンヌ印

スイッチらしいスイッチといえばトグルスイッチ。サンダーバード発進のスイッチはこれでなくては締まらない。まあ別にサンダーバードには何の思い入れもないのだが、分厚いアルミプレートが鈍い輝きを放つこのトグルスイッチは普通の壁スイッチのパッチンパッチンという軽い感触とまるで違うバチンバチンという手応えが最高に気持ちいい。スイッチオン!ラジャー!(バチン)スイッチオフ!ラジャー!(バチン)とかやりたくなるね。やらないけど。

我が家がこういった風合いのパーツが似合う「ざらついた触感の」家で良かったと思うのはこういう時。
どこもかしこもつるピカハゲ丸でキレイキレイな家※2には、多分合わない。

しかしこのトグルスイッチ、一筋縄ではいかなかった。


続く
________________________________________
※1 都心暮らしの普通のリーマンにとってたまの休日に乗れるかどうかといった車やバイクは日常的な存在ではないし、これらのパーツを取っ替え引っ替えするのは大抵が時間も費用もそれなりの事になるので、そう気軽に出来る事でもない。そもそも取っ替え引っ替えは大体やり尽くしてしまったし。という訳で車やバイクは少し及ばない。うちの場合。
※2 我が家がキタナイキタナイな家と言っている訳ではないので誤解なきよう。まあ、言いたい事は大体分かるでしょ

2013年7月15日月曜日

対薮蚊最終兵器

水も緑も土も身近にある一戸建ての住人にとって夏場の薮蚊対策は頭が痛い問題。
草むしりの時は勿論の事、表で行う自転車やバイクの手入れ、洗車の際にも薮蚊は漏れなく群がってくる。市販の虫除けスプレーは残念ながら大して効かない。タイガーバームは確かに強力な虫除け効果を確認できたが、それもせいぜい30分。

生え放題のどくだみの手入れに及び腰であったのもこの薮蚊の存在が大きい。耳をつく甲高い羽音、気が付けば身体のあちこちに取り付いて血を吸っているというおぞましいビジュアル、そして程なくしてやってくるあの猛烈な痒み、それらもろもろが「夏場に表に出る事」そのものにこれまで二の足を踏ませていたのだ。

その薮蚊問題の最終的解決手段は米国からやってきた。

eBayで値段だけ見て買ったらデンバーのAvidmaxが送ってきた
最終的解決といっても残念ながら薮蚊をガス室に送り込めるわけではないのだが、超強力な虫除けの入手を持ってこの問題はほぼ解決。
日本の薬事法により定められたDEET(忌避成分)の上限12%を遥かに超える34%のDEETを誇る虫除けローションUltrathon。当然国内では売られていない、ていうか販売不可。

効き目12時間、2個で12ドルほどなので薬局にある普通の虫よけと比べても安い

製薬会社の利権の為にあるような日本の薬事法ほど適当な法律もないので、国内で販売不可とかいってもまったく気にする事はない。PL法が日本より遥かにシビアに適用される米国で広く普及しているという事実の方が遥かに信頼に足るというもの。

で、この最終兵器を今回のどくだみ掃討戦に投入してみると…。

効き目は素晴らしいの一語。薮蚊がわらわら湧いてくる家周りの環境で90分ばかり草むしりに没頭しても、耳なし芳一状態で塗り忘れた手の甲を一箇所刺されたのを除いては全く被弾なし、虫害ゼロ。あのプイーンという不快極まる高周波を耳にする事もなく、拍子抜けするほどあっけなく虫の好かない男になれた。
これさえあれば薮蚊に臆することなく表で洗車や自転車いじりに勤しめる。夏場の生活が少しアクティブになった。いやいい買い物をしたなあ(自画自賛)

2013年7月14日日曜日

どくだみ掃討

寝苦しくて早朝に目が醒める。あまりの暑さに二度寝も出来ず眠れないまま外に出てみると、今春から爆発的に増加し伸び放題のどくだみに我が家が完全包囲され、さながらLWDH(ライトウェイトどくだみハウス)の様相を呈している事に気づく。

こうなっては風情があるなんて言ってられない。ここまで生茂ってしまっては足元の風通しが悪く湿気が溜まり建物に良くないだろうし、地下では根が基礎コンクリートに悪影響を及ぼすかもしれない。
これはいかん。
という訳で、我が家のどくだみは綺麗さっぱり除去してしまう事に決定。
陽が高く昇る前にやってしまおう

一時間半を経過して、汗が滴る手元にはどくだみで一杯になったゴミ袋が五つ。
地表に見える緑の茎や葉よりも、地中に潜む地下茎を引きずり出す事がどくだみ除去の肝。この植物の脅威の繁殖力の源は、地中にネットをかけるが如く縦横無尽に張り巡らされた地下茎にある。
この地下茎こそがどくだみの本体といっていい。地表に見えている茎や葉を幾ら除去したところでこの地下茎が健在である限り、翌朝には涼しい顔でまた新しい芽を地表に覗かせるのだ。

この小さな家を取り囲むどくだみを除去するだけでも、その戦慄すべき生命力を伺い知ることが出来る…


モルタル塊をぶち抜いた地下茎
基礎に悪影響があるかもという心配はあながち杞憂でもない。

一見綺麗に取り尽くしたように見えても

砂利の下には取り残した地下茎がこれだけ
地下茎ある限りどくだみは死なず


この一角だけ「どくだみ特区」としてそのまま残しておく事とする…まあどうせ三日もすれば他の地域へ侵食をはじめるだろうし、取り残した地下茎の残党もすぐに芽吹いてくるだろう。今後まめに見回るしかないねー


2013年7月12日金曜日

真夏の自転車通勤は気合を入れて

午前8時にして既に温度計が三十度を指す真夏の東京、
路上に繰り広げられる自転車通勤模様は普段とは少しばかり様相を異にしている。

化粧崩れが弱点の女性ツーキニストは姿を消している。
着替える前提でない、スラックスにワイシャツ姿のライトなツーキニストも姿を消している※1

灼熱のアスファルトの上に生き残ったのは自転車便と思しき職業サイクリスト、そもそも働いていないぽいサイクリスト(どこに行くんだ?)、
そして気合の入ったヘビーな(変人ともいう)ツーキニストのみ。

雨や雪と違い、ただ暑いだけなら自転車にとって直接的な脅威ではない。
暑ければ汗をかく。疲れる。運動するのだからそれは当たり前。
「駅直結のマンションに住み駅直結の職場に通う」のでもなければ、電車通勤に切り替えたところで結局夏の暑さからは逃れられない。
どうせかくなら、満員電車でじっとり滲み出る嫌な汗より朝一の大運動で流れる汗の方が寧ろ気持ちいいというもの。

真夏上等!ドリャァァァァァァァァァァーーーッ!

シャカシャカシャカシャカーーーッ!(ペダルを漕ぐ音)


会社に到着して漕ぐのをやめると、さらに滝のような汗がどっと吹き出してくる。
貨物用エレベータ※2でオフィスのあるフロアまで上がると、トイレに直行。
個室のドアを閉め、上から下まで全てを脱ぎ捨てると、おもむろに鞄から冷凍タオルとOXYの制汗ローションを取り出す。
この組み合わせは最強。最強の気持ちよさ。
まるでシャワーを浴びているような爽快さに恍惚とする至福の瞬間。

気ん持ちいいぞ!ドリャァァァァァァァァァァーーーッ!

ブリブリブリブリーーーッ!(隣の個室から聞こえてくる音)



……更衣室欲しいなあ


_____________________________________
※1 見かけるとすれば駅までのチョイ乗りサラリーマン。汗をかいてないからツーキニストでないと一目で分かる
※2 普通のエレベータはさすがにちょっと。汗が滴るおっさんなんて他人から見れば見苦しい以外の何者でもない

2013年7月7日日曜日

雨あがる

気温35度から嵐のようなスコール、すぐに止んで再び真夏の西日が射しこむ



雨が降っても少しも涼しくならないところがなんとも。蒸し暑い

2013年7月2日火曜日

Tiny Flowers

夏櫨の足元を覆う斑入り薮柑子に花が咲く。
それはそれはささやかな



関東地方ももう梅雨は明けたな。うん明けた明けた