2012年10月13日土曜日

欅再び丸坊主

早朝から響き渡るチェーンソーの音。
一体何事かと窓の外を見ると、


またしても眼下に生える欅の枝が落とされ丸坊主に。
その後も響くチェーンソーの音とともに、付近の欅の木もみるみるうちに同じような姿になってしまった。
今秋こそは眼前に広がる黄金色に色づいた枝ぶりを眺めながらうまい麦酒が飲めるかと思っていたのだが…無念。


2012年10月10日水曜日

踊るマンホール(の蓋)

5月より久しく絶えていた「肌寒い」という感覚がいつの間にか戻ってきているのに気づいたこの頃。

さて先日の豪雨で空気が便器より噴出し、ついでに盛大に水を撒き散らした件
同じような大雨の状況において、圧搾された空気の力でマンホールの蓋がパッカパッカ持ち上がってしまっている動画を見つけた。

元動画はLiveLeak.com


妙にリズミカルな音が何だかムカついてくる動画だが、鋳鉄の重いマンホールの蓋をまるでコインのように軽々とパンカパンカ持ち上げてしまう空気の力はすごい。そりゃトイレから噴き上げるくらいはあるよなと妙に納得。家の排水枡の蓋もこのようになればいいわけだ。



2012年10月5日金曜日

Bad Day

一昨日の都内の天気予報、午前50%、午後から0時まで30%
結果。一日中雨

昨晩の天気予報。0時まで20%から30%。
結果。100mm/h以上の豪雨

「……。」

30%を二回続けて引いたか。素晴らしいね。ちなみに今晩の降水確率予報は10%、これでも降ったなら予報官は有り金叩いて宝くじでも馬券でも買い求めるべし。それだけ引きが強ければきっと当たんだろ。

窓の外の異変に気がついた時には既にバケツをひっくり返したような大雨、さすがにそんな中を一晩放置しておくわけにもいかず、ずぶ濡れになりながら自転車をオフィスに運び込む。気象庁に悪態をつきながら錆びの元となる水気を拭き取って待つこと数時間、漸く雨が上がったのを見て帰路につく。
安心して気がゆるみ、自宅近くのマックに立ち寄ったのが悪かった。コーヒーブレイクの後に店を出たらタイヤが見事にパンク

「……。」

悪いものでも踏んだか、いたずらか。止めた時は全く何もなかったのにわずか数分で空気が抜け切っているのをみるといたずらぽいなあ。蛾と不逞の輩は夜遅くになるほど出てくるものだし。どっちにしても油断したな。

まあついてない日はこんなもの。