2015年10月24日土曜日

ウッドデッキ木材考

我が家のウッドデッキは地上7mという特殊な環境に設置する事になる為、デッキ素材は熟慮する必要がある。
まず耐久性が高く腐りにくい素材であることは絶対条件。平地に設置したウッドデッキが腐って底が抜けたり柵が倒れたりしても笑い話で済むが、地上7mでは洒落にならない。

腐りに強いのは天然木ではウリンやイペ、次いでセランガンバツ。国産では檜にヒバ。ヒバは風呂椅子に使われるくらいだから湿気に強いのは折り紙つき。ただし檜もヒバも軟らかいので屋外の床材にはやや不適。
最近増えている人工木材も腐りに強い、というか木ではないから腐らない。工業規格品だからサイズは揃っていて反りもなく、施工性も抜群で扱いやすい。勿論風合いは本物の木材に敵わないが、本物の木材で発生するような割れやささくれとも無縁。木材と互角に近い価格のものもある。いいんじゃないか。いやいやダメ、ゼッタイ

人工木材の何がダメか。
だってあれって樹脂に木粉を混合して固めたものでしょう。
要するにプラでしょう。
プラは紫外線に弱いでしょう。光劣化するでしょう。
腐らない代わりに割れるでしょう。折れるでしょう。
プラの物干しハンガーがある日突然ぽっきり折れるように、樹脂のデッキもある日突然逝ってしまうでしょう。危ないでしょう。
プラは予兆もなく割れる。木材の劣化は目に見えるのに対し、カタストロフの直前まで平気そうな顔をしているのがプラ。その点で高所のウッドデッキ材としては致命的。腐りやすいホワイトウッドよりもさらに不適。

そうすると残るのはやっぱりウリンかイペ。硬すぎて施工性は最悪らしいが、うーん、そこはそれ、がんばれがんばれ(適当)

2015年10月12日月曜日

六年ぶりの作戦会議

カフェK2にてS氏と打ち合わせ。打ち合わせという形で対面するのは実に六年ぶり
何の打ち合わせか。それは…

コーヒーを飲みつつ鯛焼きを齧りつつ図面に書き込む器用なS氏


2015年10月8日木曜日

柵倒る

家が出来る前、空き地だった頃から設置されていた古い柵
とうとう崩壊が始まる。



三分の一ほど柵がなくなり、残る柵もガタガタ
そろそろやり直そうかと思っていた矢先の以心伝心、魚心あれば水心。

足元注意


2015年10月1日木曜日

スーパームーンの肖像

中秋の名月

の翌日。

生憎の雲量9の東京の夜空で常に雲がかかっているスーパームーン
ニッコール300mmズーム × Df × へたくそな腕前
で、挑んだらこうなった

左上に雲かかる

翌日は雲も少なく今度はクリアな月を捉える事が出来たものの、残念ながら少し欠けてしまっている。しかしそのせいでクレーターの陰影もはっきりとより立体的、これはこれでまあいいか

右下から欠けはじめ

しかし天体の撮影は面白くない。被写体はいつまでも姿を変えないし遠すぎるのでアングルを変えようもない。数回シャッターを押したらもうお終い、三脚をしまう方が余程時間が掛かるという。まあ記念ということで