2014年1月17日金曜日

床張り工事メモ(4)(了)

完成まで延べ八日間、作業時間にして五十時間以上を費やしたロフトの床張り工事、いったい何がそんなにハードだったのか。そしてなぜそんなに時間がかかったのか。
今回床に張った檜板は、本来であれば壁や天井に張る板材で、長さこそ2mあるものの幅9cm厚さは僅かに1cmしかない。針葉樹である檜は柔らかで軽く、この点だけ見れば工事は随分楽そうに思える。ていうか実際楽だ。
問題はそのロケーション。
ロフトは二階天井裏にあり、アクセスするには梯子を上る必要がある。そして上りきったところにあるロフト空間は四つ這いでなければ移動できないほど低い。
これが激しい疲労の源。

・板材を仮起きする
・カットラインを引く
・表に持ち出してカット
・再び持ち込んで位置合わせ
・ボンドで接着
・ドリルで下穴を開ける
・フロア釘をハンマーで打ち込む
・ポンチで締めこむ

たったこれだけでしかない一連の作業、我が家の二階ロフトという特殊な空間においては、この合間合間に漏れなく「梯子の上り下り」と「四つ這い移動」が伴うのだ。
正確に記せば、

・板材を持って梯子を上る
・板材を持ちながら四つ這いで移動し板材を仮起きする
・四つ這いになりながらカットラインを引く
・板材を持ちながら四つ這いで移動する
・板材を持って梯子を降りる
・板材を持って階段を降りる
・表に持ち出してカット
・板材を持って階段を上る
・板材を持って梯子を上る
・板材を持ちながら四つ這いで移動し再び位置合わせ
・四つ這いになりながらボンドを塗る
・四つ這いになりながらボンドが乾くまで抑える
・四つ這いで移動しドリルと掃除機を持ってくる
・四つ這いになりながらドリルで下穴を開ける
・四つ這いになりながら掃除機で木屑を掃除する
・四つ這いになりながらフロア釘をハンマーで打ち込む
・四つ這いになりながらポンチで締めこむ

ゲシュタルト崩壊を起こしそうなほどの「四つ這い」の連続。
四つ這いの何がそんなに疲れるの?と仰る御仁は一時間でいいから四つ這いで生活してみて欲しい。四つ這いでスマホを操作し、四つ這いで新聞を取りに行き、四つ這いでテレビのリモコンを操作し、四つ這いで歯を磨くのだ。
もう尋常じゃなく疲れるから。疲れないとしたら多分あなたは猫なんでしょう。気づいてないのは自分だけ。

張った板の枚数、すなわち五十数回このルーチンを繰り返せば膝当てを当てていても膝が腫れ上がろうというもの。正直に言えば工事が終わって暫くは梯子を目にするのも嫌になったという。笑


最後に今回の工事のオールキャストと一口メモ。
これだけ揃えればあなたも明日から床張り親方、さあレッツトライ。
右から

・ハンドクリーナー:ドリルで出る木屑は結構な量。なくても工事は出来るがあれば大いに捗る
・ドリル:下穴開けに使用。なくても工事は出来るが相当苦労すること必至
・隠し釘:端の板材を固定するのに必要。思春期の少年の心より折れやすいので取り扱い注意
・フロア釘:言うまでもなく必要不可欠だが長すぎると下地をぶち抜くので注意。そんな間抜けはいないか
・ボンド:板材固定と鳴き防止に。セメダインは乾燥後透明になるがタイトボンドは黄色く固まるのではみ出し注意。今回の工事では500ccボトルを二本空にした
・ハンマー:言うまでもなく必要不可欠。板を傷つけにくい樹脂素材のを使う
・ポンチ:フロア釘を最後まで打ち込むのに必要。フロア釘の頭にはポンチ用の凹みがあるので先端が尖っているタイプの方が使いやすい
・カッター:針葉樹に限り有効。余分を切り取ったり形を整えたり
・シャーペン:隙間なく張るにはミリ単位の精度が求められるので、線が太い鉛筆より常に細いラインが引けるシャープペンシルの方が望ましい
・金尺:垂直に線を引いたり長さを測ったり背中を掻いたり何かと便利
・鋸:言うまでもなく必要不可欠
・膝当て:今回の工事における影のMVP。これがなかったら工期は軽く十倍に延びていた。マジで

はいチーズ

暫くの間苦楽を共にした相棒たちも最後の記念撮影を終えれば解散、そしてそれぞれがあるべき場所に戻っていく。
あるものは工具箱に、あるものは引き出しに、あるものは部屋の隅に、
そしてあるものはゴミ箱に。あー断捨離断捨離

2014年1月10日金曜日

床張り工事メモ(3)

檜板をすべて張り終えたロフト(小屋裏収納)で壁の灯りをぼーっと眺めつつ休息。




日を改めて次の週末。張り終えたばかりの檜に匠の塗油を刷り込んでから最後の仕上げは開口部の処理。
辺縁部が床板切りっぱなしのままでは見た目がよろしくないし、何かと擦れがちな開口部の縁が柔らかい檜のままというのも、すぐに痛んでしまいそうでこれまたよろしくない。
普通なら硬めの木で作った框で縁を囲むところだが、その代わりに黒皮鉄のアングルを用意し、それを縁に被せて仕上げ兼ガードとする事にした。これなら工事も簡単で見栄えも悪くない。素材的にも近くにあるコンセントプレートや梯子とお揃いで、いい感じに仕上がるだろうと期待。最近になって分かった事だが、どうやら自分は素の鉄の素材感が好みらしい。

鋼屋で誂えた1.6mm厚アングルにドリルで穴を開けて床にビス留め、これで本当に一連の床張り工事が完了。

これにて完了。ボンドの垂れ跡が見苦しいが気にしない

狭く低く見るからに殺風景で、用が済んだらとっとと退出したい場所でしかなかった我が家のロフト。
今では少しばかり長居してもいいかなと思える場所に様変わり。
その評価にはDIYの思い入れというプラス補正がかなり効いている事は否定しない。笑


この工事を総括すると、難易度はともかくとして疲労度は間違いなく過去最高。
いや壁塗り工事より疲れるDIYがあったとはね。何故かと言えば(続く)

2014年1月6日月曜日

メメント・モリ

大分前の記事になるが、無数の人の死を看取ってきたナースが挙げる
死ぬ前の後悔トップ5」を再顧。

年が明けてまた一つ歳をとる。
自分がいつ死ぬかは誰にも分からない。
よってどの程度働いてどの程度遊べばいいのか、どの程度節制してどの程度享楽に耽るべきなのか、
その匙加減もまた誰にも分からない。
ただ車に乗ってバイクに乗って、あまつさえ日々自転車通勤なぞしている自分にとって、死はそうでない人間(車にもバイクにも、ましてロードバイクになんか絶対に乗らない)よりずっと近しい存在である事は確かだ。
いつそうなっても後悔のないように…いや後悔の種などいつになっても山ほどあるに違いないのだが、人生も後半戦に入ったであろうこれからはなるべく我慢せず、自らの内なる声に出来るだけ忠実に、我が侭に生きていければと思う。やりたい事は我慢せずにやってやりたくない事はやらなくて、会いたい人間に会って会いたくない人間には会わないのさ。えっこれ以上ワガママになったらどうなっちゃうのオマエとかいう突っ込みはなしの方向で。笑